ペット火葬を逗子周辺でする時は料金や葬儀内容の相談も大事ですが、個別ペット葬儀後のペットの法要も忘れずに

逗子でペット火葬をする際に知っておきたい個別火葬後の初七日・四十九日について

逗子でペット火葬をする際に知っておきたい個別火葬後の初七日・四十九日について

ペット火葬逗子周辺で依頼するなら、全て個別火葬で行っている株式会社動栄社をご利用ください。

亡くなってから七日後に行う法要を初七日と言いますが、初七日は葬儀後最初に行う供養で、お経をあげていただき招いた人たちに焼香をしてもらいます。

最近ではペットも人間同様、個別ペット火葬後の葬儀でお経をあげてもらい、初七日法要を済ますケースが増えているようです。

四十九日は、亡くなってから四十九日目に行う法要のことを言います。仏教の教えでは亡くなってから四十九日目に生まれ変わると考えられているため、四十九日は法要の中でも重要とされているのです。四十九日法要では、お骨と一緒にお水やろうそくを供えて焼香をします。

逗子でペット火葬をする際に知っておきたい料金以上に納得できる移動車での訪問葬儀後の一周忌について

逗子でペット火葬をする際に知っておきたい料金以上に納得できる移動車での訪問葬儀後の一周忌について

逗子でペット火葬を行うなら、料金以上に満足・納得できる火葬移動車による訪問葬儀も可能な株式会社動栄社にお任せください。

ご自宅での火葬後にご返骨いたしますが、後日改めて霊園にご納骨いただくことも可能です。その際は、お気軽にご相談ください。

大切なペットをしっかり供養するために、葬儀だけではなく一周忌を行うご家族も少なくありません。一周忌は亡くなってから一年後の同日同月に行う法要です。

ペットの場合は、眠っている霊園にお参りすることが多いと思いますが、人間同様にお家に住職を呼んで供養してもらうご家族もいらっしゃるようです。

株式会社動栄社のペット霊園「霊苑四季の里」は一年中お参りすることが可能ですので、いつでも大切なペットに会うことができます。逗子でペット火葬をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

一周忌後の法要は家族と相談

一周忌の後も、三回忌・七回忌・十三回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・五十回忌と続きますが、三十三回忌に年忌供養を打ち切る傾向があるようです。また、これらの法要の他にも、お盆やお彼岸にも供養を行います。ご家族も結婚や就職などで環境が変わり、法要を行うのが難しいこともあると思います。しっかりとご家族で相談をしてご希望の限り行うと良いでしょう。

逗子でペット火葬の相談なら株式会社動栄社へ

株式会社動栄社 霊苑四季の里

神奈川県鎌倉市大町7-1644-1

電話:0120‐7676‐51

コラム